GearVRを使い倒す!

「Gear VRを最大限楽しむ方法」を研究するブログ

GearVR正規コントローラの使い方と使い心地

こんにちわ、えぐびわです。

前回、GearVR正規コントローラ開封から設定の儀まで終了しました。

それでは、今回は気になるその使い方と使い心地についてお伝えいたします。

f:id:egurinko:20170528174003j:plain 

使い方

操作方法は直感的でとても簡単です、GearVRの横についていたタッチパッドが使いやすくなってコントローラに移植された感じです。

f:id:egurinko:20170813122301p:plain

Samsung公式HPより)

具体的には以下、

タッチパッド

 ・パッドの中央を押せば「選択」できます。

 ・右にスワイプで「次へ」、左にスワイプで「戻る」になります。 

ホームキー

 ・Galaxyとペアリングする前は、長押しでペアリングモードに変わります。

 ・ペアリング後は、Oculus Home画面に戻ります。

 ・コンテンツによっては、長押しでコントローラのポインタの方向を再調整してくれます。

バックキー

 ・押すことで戻るボタンとなります。

 ・長押しでGear VRのユニバーサルメニューに行きます。そこではステータスや設定の変更ができます。

ボリュームボタン

 ・上でボリュームアップ、下でボリュームダウンです。

トリガーボタン

 ・アイテムの選択やゲームのトリガーボタンとして使います。ここは、アプリによって様々な挙動があります。 

LED

 ・赤緑青に点滅:ペアリングモード

 ・青に3回点滅:ペアリング完了も

 ・青に1回点滅:スリープモードから復帰

 

以下、コントローラの気になる使い心地について解説します。

使い心地

使い心地で感じたことは主に4点あります。

それぞれ、反応の良さ、疲れにくい、キャリブレーションが多少ずれる、位置トラッキングがないです。

 

反応が良い!

まず第一に「コントローラの反応がとても良い!」。これが一番の特徴ですね。

Bluetooth接続ですが、遅延は全く気になりません

GearVR本体のタッチパッドは、スワイプにしても決定ボタンにしても、やはり反応に多少の難がありました。

しかしコントローラだと、ボタン自体が押しやすいのも要因かもしれませんが、自分の操作したように動いてくれます。

 

疲れにくい!

第2に「疲れにくい」です。

これは単純です。GearVR本体のタッチパッドは頭の位置にあったため、腕をその分高く保つ必要がありました。

しかし、今回は普段の手の位置でいいわけですから、長い時間プレイしても全く疲れません。これならば、高齢者でも気兼ねなく疲れずに触れるな思いました。

反応の良さと疲れにくさを生かしたコンテンツは以下を参考に。

GearVRのコントローラの良さを最大限生かしたDead and Buried

 

キャリブレーションが多少ずれる 

第3に「キャリブレーションが多少ずれる」です。

コントローラ自体は、40ドルくらいなのでそこまで高価なものではないです。

よって、ゲームを初めて2分ぐらい経過すると、多少キャリブレーションがずれているなと気づき始めます。

しかし、はっきり言って40ドルにしてはかなり正確です。以前Perception Neuronを使っていましたが、あれは20万する割には簡単にキャリブレーションがずれるし、磁気センサーにそのずれがたまるため、次使うときにもずれた状態から始まることになります。

 

しかし、正規コントローラは、コンテンツ体験の際には多少ずれますが、キャリブレーションをすれば元の完璧な状態に戻ることになります。

(しかもキャリブレーションはボタン1つ2秒押すだけ)

つまりいちいち、面倒なキャリブレーションをするような作業も必要ありません。

 

位置トラッキングがない!

第4に「位置トラッキングがない!」です。

これは仕方ない点ではありますが、下記の画像の場所からコントローラは動きません。手の動きによってコントローラの向きは変わりますが、位置は変わらないのです。

すると、シューティング等の激しい動きを必要とするコンテンツでは、無意識に腕を動かしてしまうので、それが原因でキャリブレーションがずれてしまう場合があります・

f:id:egurinko:20170528172331j:plain

 

まあ、RiftでもViveでもPSVRでも別にカメラを使ってますからね。

40ドルにそれを求めるのは酷ですね笑

 

 最後に

40ドルのわりには本当に使いやすく、GearVRの体験を大きく広げてくれます!

コントローラならでは体験をしたい方は、下記の記事をぜひクリック!!

     ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

       「VRでドッチボール体験!?

 

それでは、本日は以上です。